M-EMSとは

M-EMSではじめる、環境にやさしい経営

 

最近、「環境経営」という言葉が、企業経営のキーワードとして注目されています。「環境経営」とは、会社が環境に与える影響に配慮しつつ企業の持続的な発展を目指そうとする新しい経営の考え方です。
しかし、「環境経営」の必要性は感じていても、小規模事業者においては経費や労力の面から「環境経営」の導入が進みにくい現状にあります。
こうしたことから、三重県では平成16年9月に県内事業者の自主的な環境負荷低減の取組を支援するため、三重県の地域規格として環境マネジメントシステム規格「M-EMS(ミームス:みえ・環境マネジメントシステム・スタンダード)」を制定しました。

  桑名地域では、平成21年9月1日現在のM-EMS認証取得件数は24件(ステップ1:16件、ステップ2:8件)となっております。

桑名商工会議所は、平成19年9月にM-EMS(ステップ1)を認証取得しており、M-EMS認証取得に取り組む事業所の支援をしております。M-EMSに関心のある事業所様は、お気軽にご相談ください。

 

M-EMSで期待できる効果

1 環境取組を考慮する企業や消費者からの評価が高まります。
  2 資源・エネルギーの有効利用や排出量の削減を通じてコストダウンにつながります。
  3 従業員の業務遂行能力が向上し、仕事に対し積極的な対応が見られるようになります。
  4 組織内の意思疎通がよくなり、指示がきちんと伝わるようになります。
  5 事故に備えて管理すべき点が明確になり、対策を通じて環境上のリスクが低減します。

M-EMSの特色

ステップ1(初級)ステップ2(中級)の2つのステップがあり、段階的に取り組めるようになっています。

●ステップ1:環境に著しく影響を及ぼす項目を踏まえ、その改善活動に取り組みます。
  ●ステップ2:将来「ISO14001」の認証取得も視野に入れた取り組みで、ISO14001と同じ要求
           項目を設けています。

  ※建設業を営むM-EMS認証取得事業所には、M-EMS認証取得により三重県の公共工事の総合
     評価において評価項目に組み入れられるなどの利点があります。
  ※M-EMSに取り組まれた桑名商工会議所会員事業所の事例はこちらです。

M-EMS認証制度

・認証組織      M-EMS認証機構
・認証の有効期間  1年間(確認審査を受けて、更新していくことが必要です)
・認証登録の証明、公表 M-EMS登録証が発行され登録リストに掲載されるとともに、一般社団法人M-EMS認証機構ホームページ(http://www.m-ems.org/)で公表されます。
・審査員
(コンサルタント)
財団法人日本適合性認定協会に登録されたISO14001審査員補以上の有資格者で、M-EMS審査員研修講座を受講し、認証事業部の定める基準に適合している資格者が務めています。
・審査方法 初年度・・・書類審査及び本審査 ・ 2年目以降・・・確認審査(1年1回)

※M-EMSについての詳細パンフレットはこちらです。 (PDFで開きます)

M-EMS認証取得についてのご相談は

一般社団法人 M-EMS認証機構 
   津市鳥居町251番地の5
   TEL:(059)221-1605 
   URL:http://www.m-ems.org/

三重県環境森林部 地球温暖化対策室 
    津市広明町一丁目13番地(三重県庁8F)
    TEL:(059)224-2316
    URL:http://www.eco.pref.mie.jp/

桑名商工会議所
    TEL:(0594)22-5155