「がんばる経営」を応援します!
 

経営発達支援計画

経営発達支援計画

小規模支援法に基づく「経営発達支援計画」が認定されました。

小規模事業者の持続的発展を図ることを目的に、商工会議所・商工会が、小規模事業者による事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや、地域活性化につながる展示会開催等の面的な取組みを促進するため、小規模事業者の技術の向上、新たな事業の分野の開拓その他の小規模事業者の経営の発達に特に資する支援計画を「経営発達支援計画」として経済産業大臣が認定する仕組みが導入されています。

桑名商工会議所の「経営発達支援計画」は、平成28年4月、経済産業大臣から認定されました。小規模事業者の伴走型支援及び地域の活性化に取組んでいます。

「桑名商工会議所 経営発達支援計画」の概要

目標

桑名商工会議所では、地域の小規模事業者の課題を克服するために既存の小規模事業者への支援はもちろん、創業者への支援にも積極的に取組むという小規模事業者支援の考え方の下、地域の特性を見つめ直し、地域の活性化を目指して、他の支援機関等との連携を含めて各種事業に取り組んでいます。

実施期間

平成28年4月1日から平成33年3月31日

事業内容

Ⅰ.経営発達支援事業の内容

1.地域経済・需要動向等の調査及び情報提供

小規模事業者の自発的発展に向けて、需要の開拓に結びつくよう、景気動向のほか、小規模事業者が抱える課題の解決がなされるよう課題抽出調査を実施し、地域の小規模事業者の経営状況等情報収集を行う。また、一方で課題解決に必要とされる情報を収集、分析し、広報誌やソーシャルメディア、マスメディアを利用し、スピーディーに発信する。

2.経営状況の分析

小規模事業者との相談を通じて、事業者が持つ資源、ノウハウ、経営状況を分析し、その結果をフィードバックするとともに、小規模事業者が自らの強みを把握し、需要の創造や掘り起こしができるよう支援する。そして、事業者の課題や可能性を抽出することで次の支援を検討し、寄り添った事業活動を実行する。また、定期的に事業者との接触回数を増やすことで信頼関係を構築する。

3.事業計画策定及び策定後実施支援

時勢にあった各種施策を展開するとともに、個々の小規模事業者の課題を解決するために、専門家派遣、巡回相談等を通じ、現状の需要を見据えた事業計画を策定、実施支援する。特に事業計画策定後に意欲的な取組みを支援することはもちろん、自発的に展開できない事業者についても、個々のニーズに合った伴走型支援をすることで、小規模事業者のビジネスサイクルを高める。

4.小規模事業者販路開拓及び需要開拓支援

新たな需要開拓を目指す小規模事業者のために、マスメディアや各種広報誌等による広報の実施、商談会や展示会の出展支援、ホームページ等のIT活用支援を通じて、小規模事業者の需要開拓を積極的に支援する。

Ⅱ.地域経済の活性化に資する取組

地域の小規模事業者は、販路開拓等に経営課題を抱えており、それらを解決するための売上機会の増加を目指し、各種事業の展開、他の支援機関等との連携を一層密にし、需要を創造して地域経済の活性化を図る。

※認定された桑名商工会議所の「経営発達支援計画」内容の詳細は、中小企業庁ホームページ内(http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/ninteikeikaku.html)に掲載されています。

お問い合わせ

桑名商工会議所 中小企業相談所
TEL:0594-22-5155
FAX:0594-21-5156
ページトップへ戻る