(注意喚起)世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について

 今般、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)をはじめとした情報セキュリティ関係機関より、標記注意喚起が公表されています。この脆弱性が悪用された場合、コンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが使用できない被害が発生する可能性があります(下記1.概要を参照)。

万一、本件に関連する被害に遭われた場合、早期の対策をお取りいただくとともに、下記3.の相談窓口への通報もあわせて、お願いいたします。

                            記
 1.概要

・2017年3月15日(日本時間)にMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラム MS17-010が公表さ       れた。この脆弱性がランサムウェアの感染に悪用され国内を含め世界各国で被害が確認され、英国       では医療機関において業務に支障が出るなどの深刻な影響が発生している。

・ランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが使用できない被        害が発生する可能性が ある。


 2.情報処理推進機構(IPA)からの注意喚起

「世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について」

https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html

 IPAでは、次の対策を実施するよう呼びかけています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(1)不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない

(2)脆弱性の解消 – 修正プログラムの適用

(3)ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


3.相談窓口

【IPA 情報セキュリティ安心相談窓口】

https://www.ipa.go.jp/security/anshin/

電話:03-5978-7509

(受付時間は平日の10:00~12:00および13:30~17:00)

E-mail:anshin@ipa.go.jp

【JPCERT/CC】

JPCERT コーディネーションセンター インシデント対応依頼

https://www.jpcert.or.jp/form/#report

電話:03-3518-4600 Email:info@jpcert.or.jp